子育時の心身の負担を減らすパワーストーン。おススメ2選♪

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

大人可愛いアクセサリーの素敵な選び方 サイト管理人のキムニィです。

子育てのストレスをパワーストーンで軽減できたら嬉しいですよね。

子育ての苦労は実際やってみると想像以上に大変です。

男性の私でも大変だったので実際大半の世話をするお母さん方の苦労は想像する

に難しくないです。

ましてや初めての子供の場合、ほんとわからないことだらけで

振り回されることが多く、倍ほど気疲れしますね。

 

「嬉しさ」と「疲労・フラストレーション」が同時進行でやってくる子育て。

メンタル面のストレスを解決することができれば「楽しく子育て」ができることになります。

 

そこで今回は

「魅力のある女性としての前向きな気持ちを満たしつつ

愛に満ち溢れたメンタルを持ち、ストレスを解消する。」

効果のあるパワーストーンの組み合わせを紹介します。

 

  • ピンクオパール

「愛情に満ち溢れた生活を手に入れる。」

 

ピンクオパールは、女性にとって幸せのイメージをデザインにしていくのに

大いにお薦めできる石の一つになります。

 

甘さが感じられてきそうなミルキーピンクカラーに幸福なイメージを抱いてしまう方は

ホント沢山いるでしょう。

 

女性のためのパワーストーンといっても過言ではないと言えます。

 

ピンクオパールは言うまでもなくオパールの一種ではありますが、

コスモオパールと呼ばれる輝かない部類のオパールに区分されます。

 

宝石としてのオパールと比べてみると安く「宝石」にはなりえない位置づけではありますが、

パワーストーンとしてのピンクオパールの存在感は一際目立ちます。

 

 

◎効果

女性性の最も高い石と言われるピンクオパール。

 

女性ホルモンの分泌を高める効果があり 美容効果や更年期障害などにも

良い影響を与えると考えられています。

 

さらに愛情に満ちた自己表現できる力を高め、自分の魅力を最大限に引き出してくれる効果もあります。 「愛されるあなた自身」を高めてくれます。

 

オパールは「幸運を呼ぶ石」と言われています。

その中でもピンクオパールは女性の幸せのイメージを形作る石になります。

 

  • クンツァイト

「無償の愛を象徴する石」

クンツァイトは、1902年にアメリカのカリフォルニア州で発見された比較的新しい宝石です。

名前の由来は、アメリカの有名な宝石学者『クンツ博士』に由来すると言われています。
カリフォルニア州で発見されたことから、別名を『カリフォルニア・アイリス』とも言います。

クンツァイトは、『スポデューメン』(鉱物名)の一種とされ、主に淡いピンク色のものを示します。

 

緑色は「ヒデナイト」、黄色は「トリフェーン」と言われます。

厳密にはそこまで分類する必要性もそれほどないということから、

すべてをまとめてクンツァイトと呼称するのが通常となっています。

スポデューメンの語源は、ギリシャ語で『燃えて灰になる』という意味です。
これは、この鉱物は加熱すると多くの熱を出し発光するためそのように言われています。

 

優しい色合いとその印象で、まるで桜の花びらのような美しさを放つ

クンツァイトは慈愛にあふれた気品と風格を漂わせています。

 

◎効果

クンツァイトは、見返りを求めない無償の愛を教示してくれる石です。

 

他人や子供への愛情を注ぐことの大切さを気づかせてくれて
広く思いやりや労りの心を養ってくれますので、人への批判的な思いを戒め、

コミュニケーションをより良くしてくれるでしょう。

 

そしてやわらかなパワーで、寛容性を高め、成熟した大人の女性らしさを

引き出してくれると考えられています。

 

無意識な心の傷による不安や恐れを、心から純粋な愛を表現することができるようにしてくれます。

 

さらに、身につけておくと肉体と感情のバランスを保ち安定させてくれます。

 

多忙な生活を送っている人や蓄積したストレスに負けそうな人におすすめできるパワーストーンです。

 

芯の強さを持った慈愛、無条件に与えてくれる母の優しい愛、そして自らが与える愛。

 

無限の優しさをあなたに与えてくれその優しさを誰かに与える力を手に入れることができます。

子育てで疲れた心身を癒してくれる最適の石の1つと言えます。

 

 

さて今回の記事はいかがでしたでしょうか?

ピンクオパールとクンツァイト

どちらも愛に溢れたすてきな石ですね。

 

この愛に溢れた2つの石を組み合わせて使っていただくと

効果はより素晴らしいものが得られるでしょう。

 

昨今は親の子供への虐待など痛ましいニュースも報道されることも増えてきましたが

是非我が子と出会った最初の頃を思い出し愛情を注いでほしいものです。

ピンク色は見ていると気持ちが若返る効果もあります。

病院の壁紙や看護師さんの制服に多く採用されるのはそういう効果もある為です。

子育ては想像していたものより大変で疲れるものです。

そんな時には今回ご紹介したパワーストーンで是非癒されてください。

私は今回の記事であなたの子育てが順調に進んでいくように願っています。