真珠ネックレスの購入時の注意点。あなたに合う選び方♪

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

大人可愛いアクセサリーの素敵な選び方 サイト管理人のキムニィです。

 

真珠は日本を代表する宝石の1つでその落ち着いた柔らかな輝きはとても美しいです。

 

国内では冠婚葬祭に欠かせないアイテムですし、海外の方にはとても人気のあるジュエリーで

日本を訪れる外国人もよく買い求める姿が見られます。

 

そんな人気のある真珠ですが、デザインは真珠ネックレスに代表されるように

シンプルなものが多くなります。

 

シンプルなデザインだけにその見た目の違いと値段の違いが素人にはわかりにくいです。

一見同じようにみえても値段は何倍、何十倍も違うことがあります。

 

今回は真珠といえば真珠ネックレスをイメージする方も多いですね。

そこで真珠ネックレスの値段の違いや購入時の注意点を述べていきます。

 

 

  • 真珠ネックレスって一見同じに見えるけど。

 

真珠ネックレスは色や大きさの違いは素人でもわかりますが

その他の違いはわかりにくいですよね。

勿論品質でも違ってくるのですが、その詳細に関しては

先に紹介している「真珠の購入、何を基準に選んだらいいの?」

真珠の購入♪ 何を基準に選んだらいいの?
大人可愛いアクセサリーの素敵な選び方 サイト管理人のキムニィです。 大人のジュエリー、アクセサリーで必需品と言えば「真珠」 真珠は普段使いだけでなく冠婚葬祭にも幅広く使える、 女性なら必ず1つは持っておきたいとても便利なアイテ...

をご覧ください。

真珠のアイテムは色々ありますが、ここでは一番ポピュラーなネックレスに関して

お話していきます。

 

●意外と大事!ネックレスのサイズ

専門店や宝石店、スーパー等の専門店街に入っているお店でも推奨している長さは

チョーカーサイズ40cmもしくは42cm(留め金込)です。

私の前職の某大手真珠専門店でもそうでした。

 

でも体系に応じて洋服のサイズ展開があるのに

ネックレスは一律なんておかしいですよね。

 

体系が違ってくれば当然首回りのサイズも違ってきます。

42cmがきつい人、長めの人が出てきます。

 

そういう人の為に通常は真珠の珠を足したり、抜いたりしてくれます。

そうすると足す分はプラスの料金がかかってきます。

でも抜く個数が少ない場合、値段はそのままで抜いた珠を渡して

そのままお持ちいただくように言われることが多いです。

 

「体型が変わったら抜いた珠をまた足してください」「イヤリング加工に使われますか?」

と言われることが多いです。

 

まだこういう対応をしてくれるお店は良心的です。

 

中には着けた感じに違和感を感じてもそのまま売り切る店もあります。

「この長さが標準です。」「皆さんこのサイズで使っています。」

こういうお店はネックレスに使っている紐が糸でなく

ワイヤーを使っているところが多いです。

 

要するにお客様の首サイズに合わせるのにとても手間や工賃、時間がかかるので

修正する加工は避けたい事項なのです。

 

糸であれば定期的なメンテナンスが必要です。

たとえ使う回数が少なくても糸が伸びてきて切れやすくなる為、

ワイヤーを使って糸替え等のメンテナンスをなくすことが目的になっています。

主に通販で安く販売しているところや

スーパーの専門店街に入っているお店で多く使われています。

 

もちろん糸を使っているお店も手間や時間はかかりますが、真珠のしなやかさ美しさを

活かすにはネックレス専用の糸がいいので応対してくれるはずです。

 

ネックレス購入時には必ず試着をしてくださいね。

その応対でわかることが沢山あります。

その時感じるあなたの自身フィーリング、フィット感は大事にしてください。

そして感じたことを販売員に聞いてください。

そこであなたの感じたことを適切にアドバイスしてくれる販売員であればGOODです。

 

そうでなければ人をプラスで呼んでもらう、一度出直す意味のあいさつをして

他の店に行ってみることです。

 

出来れば1つの店で決めるのでなく3店舗位は回って比較してください。

 

どこの店の販売員も売上のノルマみたいなものはありますから

売りたい気持ちは良くわかりますが、それにプラスあなたのことを

思ってお客様ファーストで接客してくれているかを感じてください。

 

  • 真珠には旬の時期がある。

「真珠に旬の時期なんかあるの?」

食べるものならわかるけどという声が聞こえてきそうですが

実際あるんです。

 

「ちょっとお得に買える時期。」

 

但し条件があります。

通販、テレビショッピングや、売上が少ない寂れたお店は除きます。

 

なぜ上記は除くか通販、TVショッピングは自分で選択できない為。

売上が少ないお店は在庫が回転しない為に新規の仕入が少ない為。

 

私が在籍していた某大手宝石店ではかつて真珠の養殖場も自前で持っていました。

そこで取れる真珠を真珠貝から取り出すことを業界の専門用語「浜揚げ」と呼ばれます。

わかりやすく言うと真珠の収穫の時期です。

 

この浜揚げの時期は年明けの1月、2月に主に行われます。

 

この時期に行う理由としては、寒い時期の方が身の締まった貝から良い真珠が取れるそうです。

 

これは真珠の養殖業界全般に当てはまることです。

 

1-2月に浜揚げされた真珠はそこから選別、加工という行程を経て製品になるわけですが

この製品になって出回る時期が春先の3,4月から6月にかけての時期になります。

また真珠の値段は入札方式で決められるのでその年の取れ高でも左右されます。

同じ品質、条件でも取れ高が多ければ安く、少なければ高くなります。

 

3-6月のこの時期が1年を通して一番真珠が市場に多い時期になる為

選択肢が多くなるのでお得に買える時期ですね。

 

ただこの時期でも販売員の言いなりにならずもう少し得な物はないか?

予算に近づけるものはないか聞いてみましょう。

 

タイミングが良ければ店頭ではなく奥の金庫から商品を持ってきてくれるかもしれません。

 

真珠ネックレスは他のイヤリングや指輪等に比べて真珠を使う個数が多いので

影響は大きいです。

 

いつもAランクは○○万円、Bランクは○○万円、Cランクは○○万円と価格が決まっている店でも

品質ランクが上がっているはずです。

 

さて今回の内容はいかがでしたでしょうか?

これから真珠ネックレスを購入しようと思っている方にはおススメの情報だと思います。

先に述べたようにどこのお店でも当てはまるわけではありませんが

覚えておいて損はないですのでうまく時期が合えば試してみてください。

 

私は今回の記事であなたが素敵なネックレスを手にしていただければ嬉しく思います。